「女」を忘れないためには交際クラブでときめきが必要


また交際クラブで刺激を求めているという主婦も多いでしょう。
家庭に入り生活していると自分が女であるということを忘れてしまう人も多いようです。
子供がいるなら「お母さん」と扱われるでしょう。
旦那さんや子供の世話をしていると自分を「家政婦」と感じてしまうこともあるかもしれません。
結婚生活を過ごすうちに「私はもう女として終わったのでは?」と危機感を覚えることも少なくはないのです。
女を保つためにはときめきが必要と考え、その結果交際クラブへとたどり着いたという女性もいます。
交際クラブを通じて知り合った男性とデートするためには美容や洋服に気を使うことになります。
それは家の中で家事や育児だけをしている女性と比べると、やはり年を取るスピードを遅くさせる効果があるのではないでしょうか。
女性が「女」を忘れてしまうことほどさみしいことはありません。
その瞬間から一気に老化が進行してしまうような気もします。
女としての自分を保つために、交際クラブを利用している人もいると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>